法律相談料

(金額は全て税込)

  1. 法律相談料(30分)

     5500円(事務所相談、下記以外の電話相談、オンライン相談)

  1. 電話相談

     ご家族が逮捕された方、警察に呼び出されている方(九州在住の方に限ります)は無料

初回接見

ご家族が急に逮捕されてしまうと、捕まったご本人が何と言っているかも分からず、詳しい状況が分からないため、弁護士に頼むべきかどうかも分からない、また、勤務先に対して連絡すべきなのかも分からない、という状況に陥りがちです。

ご家族が直接ご本人から話しを聞きたいと思っても、逮捕された直後は、面会することはできません。通常、勾留が決まった後の平日の日中15分ほどしか面会できませんので、すぐに事情を聞くということができないのです。

こうした場合に、弁護士が1回接見し、詳しい事情を聞いた上適切なアドバイスを行い、それをご家族にご報告することができます。弁護士は24時間365日接見することが可能です。可能な限り早く接見しますので、お早めにご連絡ください。費用は、接見する警察署によって異なります。

  1. 接見費用

    3万3000円・・・熊本中央署

    ​4万4000円・・・熊本南署、熊本東署

    6万6000円・・・熊本北合志署、玉名署、山鹿署、大津署、菊池署、御船署、宇城署

    7万7000円・・・阿蘇署、高森署、荒尾署、芦北署、山都署、八代署、氷川署、上天草署

    9万9000円・・・天草署、牛深署、水俣署、人吉署、多良木署

刑事弁護費用

  1. 身柄を拘束されていない事件

    着手金 33万円

    報酬金 44万円

    ※起訴されて裁判が行われることになった場合の弁護士費用も含まれています。

     日当、交通費等の実費も全て含まれています。


  1. 身柄を拘束されている事件
    クレプトマニアで再度の執行猶予を目指す事件(在宅・身柄)

    着手金 66万円

    報酬金 66万円

    ※起訴されて裁判が行われることになった場合の弁護士費用も含まれています。

     日当、交通費等の実費も全て含まれています。

    ※熊本中央警察署に留置されている場合は、着手金、報酬金各10万円減額


  1. 否認事件

    事件の内容ごとに適正な弁護士費用を設定いたします。


  1. 裁判員裁判対象事件の場合

    着手金 88万円

    報酬金 88万円

    上記金額が標準額となり、事件の内容ごとに増減いたします。